読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マケドニアにでもいくか

暇人になりたい

接岸したMV Benitaからの石油流出の制御について

海運・造船

地元メディアの情報によると、モーリシャスの南東海岸に最近接岸したバルクキャリアMV Benitaからの石油流出は制御下に置かれていると伝えられています。

海上保安当局は、1998年に建造された船舶から流出した燃料を含むようにブイを設置しており、クリーニング作業は進行中です。

MV BenitaがLe Bouchonの礁に接岸したときそれは貨物を積んでいなかったが、船は約150トンの油を運んでいました。最初のオイルポンプの動作は、その地域での厳しい気象状況によって妨げられました。

ギリシャの会社Five Oceans Salvageは船舶の残りの燃料を汲み出すこととサルベージ作業を行うために雇われました。しかし、報告書にはばら積み貨物船を解放するための取り組みを完了させるために1ヶ月以上かかることを示唆しています。

44183dwtを搭載したばら積み貨物船は、前の晩に船員同士で勃発した戦いの結果として、6月17日の朝の時間で座礁しました。

23人の船員によって事件が起きたときこのリベリア籍の船はインドのParadipから南アフリカのDurbanへの帰り道でした。

Update: Oil Spill from Grounded MV Benita Under Control | World Maritime News

 

 

ビジュアルでわかる船と海運のはなし

ビジュアルでわかる船と海運のはなし