読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マケドニアにでもいくか

暇人になりたい

Moody'sの世界的な輸送部門に関する見通しは否定的です。

海運・造船

http://worldmaritimenews.com/wp-content/uploads/2016/06/Moodys-Outlook-for-Global-Shipping-Sector-Stays-Negative-1024x680.jpg

海運業界は見込まれているように運賃が維持される可能性がある一方で、その収益が悪化し「十分な供給の中で落ち込まれる」予想がされるので、今後12〜18ヶ月の世界の海運業界の見通しはMoody’s rating agencyによると、否定的です。

Moody’s-ratedの海運会社の集合体EBITDAは、2016年に7%-10%落ちることが予想されます。Moody’s副社長兼シニアアナリスト Mariko Semetkoは「このような結果は、我々が安定からマイナスにいく業界への私達の見通しを変更したとき、我々は2016年3月に予測した低い一桁のパーセンテージの減少よりもはるかに悪化している」と付け加えました。

世界の海運についての最新のレポートでは、供給過剰と需要減速が持続して、ドライバルクとコンテナ輸送部分は弱いままであると、Moody’sは言いました。

キャンセルと中止が高水準の供給成長と需要成長間のギャップを維持しておくという事実にもかかわらず、運賃は非常に低いです。

Moody’sは、中国の景気減速は商品の需要を圧迫し続けているドライバルク事業の需要が2016年は2015年と同様の水準で落ち着いたままであることを期待しています。同時に、新しい船舶の大量配達が2016年に予定されています。

また、Moody’sは、それが予見可能な将来にわたってコンテナ輸送部門の材料率がが増加することを予測していないと述べました。コンテナ輸送部門の現在の需給のアンバランスは、今後12-18ヶ月の間に持続することが期待されます。

タンカー部門との関係ではMoody’sは厳しい配達スケジュールのために、2016から2017年の間に供給の伸びが大きくなることを言います。

この部門では、2016年に運賃が下がることとEBITDAを見ることが期待されます。しかし石油価格が低く、製油所の場所に関連する構造変化は需要をサポートし続けるため、それにもかかわらず運賃は中期的な平均値より上になります。

Moody’s Outlook on Global Shipping Sector Stays Negative | World Maritime News