読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マケドニアにでもいくか

暇人になりたい

Flinterstarの船首は海から引き上げられた

http://worldmaritimenews.com/wp-content/uploads/2016/06/DemeGroup2-667x500.jpg

Zeebruggeの沖に2015年10月に沈んだ沈没貨物船Flinterstarの船首が10週間の準備の後に海から引き上げた、とDEMEグループは述べています。

今年4月に残骸を引き上げるために、オランダの船会社Flinterstar III BV(LNGタンカーと衝突した後に沈んだ9000dwt船の船主)は、SCALDIS、DEMEの合弁事業で1月までにDe NulとHerbosch-Kiereと表題を付けられるベルギーのサルベージ会社のコンソーシアムとの契約にサインしました。

「並列リフティングチェーンにFlinterstarの船首部分に取り付けられた間、船倉から貨物を取り除くこと最初の一歩でした。2016年6月27日、すべての準備作業が終了した。そしてリフティングは始まりました」とScaldisでディレクターをしているMarc Voorhuisは言いました。

船倉中の水を汲み出しする必要があるという事実に、リフティング活動がVoorhuisによるとゆっくりと進行しました。

水を除去した後、船首を輸送するための準備ができフロート上に置きました。

「船首部分の海留め後、フロートはゲントに曳航され、リサイクルされます」

Flinterstarの船尾は2016年8月に持ち上げ、除去すべるようです。

Flinterstar’s Bow Lifted from Sea | World Maritime News

 

海運業 (業種別会計シリーズ)