読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マケドニアにでもいくか

暇人になりたい

図解:アジアの海の犯罪は64%減少しました

アジアにおける海賊及び船舶に対する武装強盗は、アジアの海賊ウォッチドッグReCAAP ISCによると、今年の上半期に64パーセントの減少しました。

すなわち、期間中に合計41の事件(2つは海賊行為の事件)が起こりました。そして39件は武装強盗でした。2015年の114の事件と比較して数は現在非常に低いです。

2016の上半期、地域では報告される1つの事件だけがあったのみで、2015年1月から6月までの期間で起こった55の事件に対して、マラッカとシンガポール海峡の状況はよくなりました。

2016年4月から2015年9月までの期間中の油貨物の盗難のための船のハイジャックの報告はありませんでした。2015年の10件と比較して、2つの事件がその年の前半で起こりました。

今年の上半期中にアジアの船舶に対する事件の詳細については、以下のReCAAPの図解を見てみましょう。

https://static.vesselfinder.net/images/media/d01875dd31b7f4d1ac7b444c09ce8c7e.jpg

Infographic: Asian Maritime Crimes Drop by 64 Pct | World Maritime News