読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マケドニアにでもいくか

暇人になりたい

日本の造船所の受注は5月に半分になりました

海運・造船

 

http://worldmaritimenews.com/wp-content/uploads/2016/06/Shipbuilding-Nations-1024x722-1-1024x722.jpeg

日本Ship Exportersの協会(JSEA)によって公表されるデータによって、国の造船所がちょうど290400の総トンもの、8つの輸出受注を確保しましたが、日本の造船苦難は5月にも続きました。

日本は前年同月に受け取った受注の、合計17輸出受注で総146万トンと比較すると5月の輸出受注は半分以下になった。

5月の受注は1隻のアフラマックスタンカーと1隻のLPG船、2隻のハンディマックスばら積み船、2隻のパナマックスバルクキャリアそして2隻のオイルタンカーが含まれています。

4月と5月の間の期間中、日本は2015年の同時期に見られる39輸出受注に対して、552750総トン、合計14輸出受注を受けました。

彼らは2015年に新しい新造船発注のばか騒ぎの後に、彼らがちょうど3つの受注を受けたとき、日本の造船会社の連勝は1月の突然に終わりました。

2015年に日本の造船所は、2016年7月に発効する予定の新しい国際海事機関(IMO)建築基準に従っている船舶を建造しようと急ぐために、2220万総トン、合計424の受注を獲得しました。

需要低迷と構造設備過剰に起因するドライバルクコンテナ海運市場の長引く低迷は、新造船の受注をカットする船主の決断を余儀なくされました。

ムーディの評価機関によるとその収益が悪化が見込まれていることを述べ、貨物輸送率が「十分な供給の中で落ち込まれる」ままになりそうな間海、運業がその所得が悪化することを述べた。

ムーディーズは、中国の景気減速は商品の需要を圧迫し続けているドライバルク事業の需要は、2015年に2016年と同様の水準で落ち着いたままとい形に期待しています。

Japanese Shipyards’ Orders Halved in May | World Maritime News

 

ビジュアルでわかる船と海運のはなし

ビジュアルでわかる船と海運のはなし